クリューミューの効果を上げる正しい洗顔方法とは?

今日はクリューミューのニキビ予防効果を上げるための正しい洗顔方法について記事にしてご紹介したいと思います。皆さん意外と知らない正しい洗顔方法なので一度チェックしてみてください。

クリューミューを使った正しい洗顔方法


では早速クリューミューを使った正しい洗顔方法について書いていきたいと思います。簡単に流れを説明すると「手洗い→泡立て→Tゾーン→デリケートゾーン→すすぎ→拭き取り→保湿」といった工程で洗顔をすると効果的に美肌が手に入ると思います。

手洗い

意外と忘れがちなのが洗顔する前に手を洗うということなのです。なぜ洗顔前に手を洗うかというと手に付着している雑菌を除去してから洗顔しないと顔にバイ菌がついてしまうからなのです。

泡立て

次にクリューミューをしっかり泡立てる作業をします。専用のネットを使って最初に手のひらにクリューミューを適量出してから専用ネットの内側に塗布してクルクル泡立てましょう。

Tゾーンから洗顔

皮脂が多いTゾーンや顎から泡立てたクリューミューを使ってまず洗顔していきます。この時注意したいのが手で洗うという事ではなく泡で洗うように意識するのが大切です。手と肌の間にクッションの役割としてクリューミューを使いましょう。

目元や口元は擦らない

ついついやってしまいがちな目元や口元は皮膚が薄いので擦らないで泡立てたクリューミューをのせるだけで十分です。

ゆすぎはしっかり

いくらクリューミューが無添加といっても泡が肌に残ってしまったらニキビの炎症には逆効果になりますので30度くらいのぬるま湯でしっかり30回程度ゆすぎます。顎や髪の毛の生え際はよく泡が残ってしまいがちなのでしっかりゆすぎましょう。

清潔なタオルで顔を拭く

しっかりゆすぎをしたら清潔なタオルで水分を拭き取りましょう。この時注意したいのがゴシゴシ顔を拭くのはNGですのでポンポンっと水分を吸収させるようにタオルで拭き取ると肌のダメージが少なくすみます。

洗顔後はすぐに保湿

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすいので3分以内に保湿するのがポイントになります。安い化粧水で構いませんのでたっぷり使って保湿をしてあげると◎です。

以上の7つのステップが正しい洗顔方法になります。面倒と思ってしまう方もいるかもしれませんがせっかくクリューミューを使った肌ケアをするのでしたら洗顔方法も正しいやり方を実践すればニキビ予防効果もアップすること間違えなしでしょう。

\\クリーミューを詳しく解説//

にきび予防洗顔料「クリーミュー」の詳細はこちら